【Starlay】ステーブルコインで年利130%越えの爆益を実現する方法【ArthSwap】

今回は、Astar Networkの仮想通貨レンディングサービス『Starlay Finance』と、仮想通貨取引&ファーミングサービス『ArthSwap』を活用して爆益(年利130%越え)を実現する方法を紹介します。これぞ仮想通貨って感じの、とんでもない年利ですね。怪しいです。

しかし、爆益かつリスクを最小にね。まぁ、現実世界ではありえないような投資手法を行います。最初にどんなサービスを使うのか紹介してから、実際の取引手順を解説します。

目次

Starlayにドルを預けるだけで年利が約30%

仮想通貨は預けるだけで圧倒的な収入を得ることが出来ます。まずはこちらをご覧ください。

左が預けた時の利率。右が借りた時の利率。

こちらは仮想通貨レンディングサービス『Starlay』の取引画面です。(レンディングとは仮想通貨の貸し借り。つまり借金です。貸す側にもなれます。)

注目はReword APRです。これは、Starlayが発行する仮想通貨$LAYが貰える利率です。とても不思議な事に、預けても、借りても貰えます。

左側のBUSDを見てください。(BUSDは、ドルと同じ価値を持ち続けるステーブルコインです。)なんと、預けるだけで$LAYが27.42%の年利でもらえます。しかもBUSD自体も2.56%の年率で増えます。つまりドルを預けるだけで年利が約30%です。(BUSDは年率なので厳密に計算したらもう少し多いかも)

これだけで、20万円を5年預けるだけで100万円になります。

Starlayは、仮想通貨をほぼ無金利で借りれる。

さて次はこの画像の右側。借りる側を見てみましょう。

左が預けた時の利率。右が借りた時の利率。

BUSDを借りたとしましょう。$LAYが年利3.83%もらえます$BUSDの利子が3.60%かかります

なんと、仮想通貨を借りても収支はプラスになります。

ArthSwapで仮想通貨をファーミングすると年利100%を超す。

ではお次は仮想通貨取引&ファーミングを行える『ArthSwap』を見ていきます。(ファーミングとは2種類の仮想通貨をペアで取引所に預ける事です。詳細はググって)

まずはこちらを見てください。

BUSDとUSDCをペアで預けると年率105%です。驚きの100%越えです。1年預ければ倍になります。

※ファーミングはステーブルコイン(ドルなどの価値に固定されているもの)で行ってください。価格変動がある通貨で行うとリスクがあります。

ステーブルコインを年利130%越えで運用する手順

準備編

まずは、事前準備を行います。仮想通貨ウォレット『MetaMask』のAstar Networkに資金を用意するところまでの手順です。一番手数料などのロスの少ない手順を紹介します。が、少し複雑です。面倒な場合は多少高くつきますが、簡単な方法を、後程紹介します。

  1. 仮想通貨ウォレット『MetaMask』と『Polkadot{.js} extension 』をインストールします。
  2. MetaMask』→イーサリアムメインネット→ネットワークを追加→下記の通りに入力しAstar Networkを追加します。
  3. 仮想通貨取引所『bitbank』と『Binance』の口座開設をします。
  4. bitbank』に口座振り込みで日本円(JPY)を入金します。
  5. JPYをXRPにトレードします。(取引所を使います。販売所は使用しません。)
  6. トレードしたXRPを『Binance』に送金。(rippleネットワークを選択してください。)
  7. XRPをASTRにトレード。
  8. ASTRを『Polkadot{.js} extension 』に送金します。(Astarネットワークを選んでください。)
  9. Astar Portal』にアクセスし『MetaMask』とConnect→Native Accountのウォレットコードをコピー。
  10. Astar Portal』上で『Polkadot{.js} extension 』にConnectし直します。
  11. Transfer→さっきコピーしたウォレットを入力し、ASTRを送金します。
ネットワークAstar Mainnet
PCR URLhttps://evm.astar.network/
チェーンID592
通貨シンボルASTR
エクスプローラーURLhttps://astar.subscan.io
METAMASK→ネットワークに追加で入力。

簡単ver(ちょっと高くつく。)

  1. 仮想通貨ウォレット『MetaMask』をインストールします。
  2. MetaMask』→イーサリアムメインネット→ネットワークを追加→下記の通りに入力しAstar Networkを追加します。
  3. JPYC』を購入します。(Astarを選択し、MetaMaskのウォレットアドレスを入力)
ネットワークAstar Network
PCR URLhttps://evm.astar.network/
チェーンID592
通貨シンボルASTR
エクスプローラーURLhttps://astar.subscan.io
METAMASK→ネットワークに追加で入力。

投資手順編

  1. 仮想通貨取引&ファーミングサービス『ArthSwap』にアクセス→『MetaMask』とConnect。
  2. Swapにて資金(ASTRもしくはJPYC)をBUSDに交換します。
  3. 仮想通貨レンディングサービス『Starlay Finance』にアクセス→『MetaMask』とConnect。
  4. BUSDをDepositします。
  5. 預けた金額の35%ずつのBUSDとUSDCをBorrowします。(1000$なら350$ずつ。)
  6. 仮想通貨取引&ファーミングサービス『ArthSwap』にアクセス→Pool→Add Liquidity→同額のBUSDとUSDCをSupply。
  7. 以上で完了!Farmを見て確認してください。

※仮想通貨レンディングサービス『Starlay Finance』ではHealth Factorが1以下になると強制決済されます。ステーブルコイン(BUSDやUSDC)ではほぼ起こりませんが、ギリギリまで借りていると利息が積み重なりいつの間にか…。という事もあり得ます。

仮想通貨の稼ぎ方はいくらでもある。

せっせと働いて得た給料を仮想通貨投資に使うのもありですが、せっかくなら仮想通貨で仮想通貨を稼ぎましょう。オススメはゲームで稼ぐことです。

保存する時に便利だよ
目次
閉じる