【商用利用できるNFT】GENE_SIS: The Girls of Armamentとは?【Vtuberアバターも無料で貰える】

今回は、僕が一目ぼれして衝動買いしたNFTの紹介です。カッコよすぎ。将来にも期待でき過ぎ。という今、一番期待しているNFT。それが『GENE_SIS: The Girls of Armament』です。

目次

『GENE_SIS: The Girls of Armament』の基本情報

[ 言語 ] – ENGLISH
[ 名前 ] – GENE_SIS: The Girls of Armament
[ ブロックチェーンネットワーク ] – Ethereum
[ 作者 ] – GENE_SIS
[ 最低価格 ] –約0.3ETH
[ mint開始 ] – 2022年5月10日
公式サイト ]
[ Opensea ]
ホワイトペーパー ]
公式Discord ]

『GENE_SIS: The Girls of Armament』の運営情報

このNFTは、GENE_SISという、韓国のNFTプロジェクトが作成&運営しています。2022年2月に発足し、現在までにDiscordは約6万人、Twitterは23.8万人と超注目されているプロジェクトです。

因みに日本人の認知度は、かなり低いです。ローカライズが一切されておらず、英語オンリーだからだと思います。英語オンリーの理由として、異なる言語チャネルを作成すると、言語に基づいてサブカルチャーが形成され、コミュニティが異なるチャネルに分割されるからと、運営は述べています。

プロジェクトの陣頭指揮とデザインを手掛けるのはデジタル・アーティストの@GHARLIERA1

彼は、デジタルアート界隈では有名です。Cyberpunk 2077、 League of Legends、Final Fantasy、 バイオハザードのコンセプトやキャラクターアートなどを手掛けています。

@GHARLIERA1さんは、TGOA(機甲少女戦士)というプロジェクトをやっており、『GENE_SIS: The Girls of Armament』ではTGOAの世界観を引き継ぎ、さらに発展させています。

『GENE_SIS: The Girls of Armament』のデザイン

特筆すべきはデザイン。

GENE_SIS: The Girls of Armament』は、誰もがパッと見でカッコイイと感じるはずです。クオリティがとにかくえぐい。総発行数10Kというのにどれもハイクオレティなデザイン。圧巻的な画力。

正直僕は、NFTを購入する際に、欲しいと思うデザインじゃないと買いません。

かっこよすぎです。買い占めたい・・・。

『GENE_SIS: The Girls of Armament』のロードマップ

GENE_SIS: The Girls of Armament』は、「実現出来ない事は約束はしない」と明言している。GENE_SISチームの発表することは構想でなく決定事項と言うわけです。

彼らのROADMAPは、PFPのリリースから音楽、実物フィギュア、ファッション、ゲームと多岐にわたり、それらすべてがプラニング済み。

既に韓国で著名なアーティストや企業との共作が発表されています。@GENE_SISは欧米のNFTプロジェクトによくみられる「チーム」スタイル。彼らは最初からチームで進行していて、各分野の専門家がクオリティに磨きをかけることが出来ています。

『GENE_SIS: The Girls of Armament』のヤバイ使い道。

『GENE_SIS: The Girls of Armament』は、保有しているNFTの商用利用が可能です。公式の例えでは、このように述べてます。


例えば、ゲーム会社が大量にSENSHIを購入して、GENE_SISにロイヤリティを渡すことなく、コンセプトワークに使用することは可能です。またVtuber、ウェブトゥーンキャラクター、小説などとしてあなたのSENSHIを使用することも可能です。

その収益はGENE_SISチームには帰属せず、NFTの商業ライセンスが与えられます。

=================

What IP rights do the holders have with their SENSHI, how can they use them?

As long as the SENSHI is from the GENE_SIS collection, you can use the art and character in any way, as long as you hold the NFT. Eg, if a gaming company buys a large number of SENSHI and use them for their concept work without royalties given to GENE_SIS, it is definitely possible and they own commercialized rights to those SENSHI by owning the NFT. You are also able to use your SENSHI as a Vtuber, webtoon characters, novels etc,and the revenue generated will not be owed to the GENE_SIS Team, a commercial license is given with the NFT. However, the GENE_SIS team will also retain creative and commercial rights for development of the IP and future use cases.

更にVtuber用にPSDファイルの提供もあるようです(配布時期は未定)。

クオリティ次第ですが、商用利用可能なVtuber用アバターを、制作会社やアーティストに依頼すると何十万、下手すると百万円以上するので、正直10~20万くらいで手に入れれると考えるとこれだけで元が取れそうです。

『GENE_SIS: The Girls of Armament』のランク確認

GENE_SISだけでなく一般的にNFTは、レア度やランクがあります。ランクが高ければ高いほど、値段も上がります。

僕の子は、Rank794。なかなか高ランクです。

ランクはこちらで確認できます。

『GENE_SIS: The Girls of Armament』の購入方法

※現在はパブリックセールが終了して、Openseaでの二次流通でしか手に入れる事は出来ません。

  1. bitbankにて、日本円を振込入金。JPYでXRPとトレード。(販売所はNG→理由)
  2. トレードしたXRPをBinanceに送金。($XRPが一番、送金手数料安い。)
  3. BinanceにてXRPをETHにトレード。
  4. MetaMask(仮想通貨ウォレット)をインストール。
  5. BinanceでトレードしたETHを、MetaMaskに送金します。(送金ネットワークはETHを選んでください。)
  6. Openseaにて、MetaMaskをConnect。
  7. Opensea上のGENE_SIS Collectionで、気に入ったNFTを購入。

Twitterで、NFTについてしょっちゅう呟いてます。NFT取引の注意点やトレンドなど知ってた方がお得な事もちょくちょく出てくるのでチェックしておいてください。

保存する時に便利だよ
目次
閉じる